株式会社M&Aソーシングロゴ 株式会社M&Aソーシングロゴ

スタッフ紹介

代表取締役 
大場 康二朗

1988年7月生まれ 東京都出身


M&Aのチカラで、日本をもっと元気に!

M&A仲介業でご活躍されている先輩方と比べたら僕はまだまだ若輩者ですが、多少ながらも経験を積む中で、あることに気付きました。

それは、まだまだM&Aをポジティブに捉えていない経営者様が多いこと、また、M&A仲介業の課題として、経営者様と商談し、契約し、最終的に成約に至るまでのソーシング力・エグゼキューション力が圧倒的に不足していることです。

少しでも皆さまのお役に立ち、「M&Aのチカラで、日本をもっと元気に」できれば、こんなに嬉しいことはありません。

略歴

早稲田大学本庄高等学院、早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
2012年
新卒で住友商事㈱に入社
アフリカ向け鉄鋼貿易に従事。某メジャーオイル企業を担当した後、鋼管本部におけるアフリカ新規開拓をミッションに南アフリカ及び周辺国への長期出張を経験。当該長期出張にて、鋼管本部初となるタンザニア向けの油井管販売を受注。
2017年
同社内のCareer Challenge制度にて住宅都市開発事業部に異動。
用地取得からマンション開発・販売まで一気通貫で経験。東京建物㈱とのJV事業であるBrillia Tower代々木公園CLASSYや日鉄興和不動産㈱、㈱長谷工コー ポレーションと共同受注した南小岩七丁目地区市街地再開発事業、多くの不動産開発事業に携わる。
2018年
㈱日本M&Aセンターに入社
ダイレクトマーケティング部にて、フロント配属当月に譲渡企業様とのアドバイザリー業務契約を締結するという同社史上最短記録に並ぶ
土木建設業・小売業・サービス業・製造加工業等、幅広い業界のM&Aを手掛ける
2019年
独立系M&A仲介会社/㈱fundbookに入社
譲渡企業様とのアドバイザリー業務契約締結数全社1位、個人売上全社7位(配分後の個人売上約1.4億円)、管轄チーム売上全社3位
Vice Presidentとして自身のチームを牽引し、電気工事業、足場工事業、梱包資材卸売業、ファンドExit案件等、幅広いM&Aを成約に導く

代表取締役 
田中 直樹

1986年6月生まれ 鹿児島県出身


人口減少、少子高齢化、GDP減少、、、日本を取り巻く経済環境は厳しいものばかりです。
私自身、銀行・投資銀行・M&A仲介会社を経験し、今まで1,000社以上の経営者と対話を積み重ねてきました。

そこでたどり着いた結論が、M&Aこそが日本経済を復興させる原動力であるということです。
いい技術・人材・取引先を有していても、後継者不在や経営資源不足でその能力を活かしきれていない会社が世の中には多数存在します。

M&Aを通じて、後継者不在解消、大手経営資源を活用した成長戦略を築くことで、会社は必ず元気になります。

「日本全国に正しいM&Aを広め、日本経済を復興させたい」という理念を持って当社を創業しました。
そんな夢の実現の一歩を共に踏み出して頂ける、
「一蓮托生」のパートナーを探しています!

略歴

慶應義塾高校、慶應義塾大学商学部商学科 卒業
2010年
新卒で㈱みずほ銀行(旧みずほコーポレート銀行)に入社
本店営業部にて、上場企業、未上場企業の法人営業を担当
財務コンサルティング、M&A、シンジケートローン組成、デリバティブ、海外子会社設立コンサルティング等に従事
2012年
みずほ証券㈱に異動
投資銀行部門にて、新規上場支援、株式引受、債券引受業務を担当
新規上場コンサルティング5社以上、外国籍企業の東証マザーズ上場支援、公募増資、CB発行、社債・地方公社債発行業務に従事
2017年、東京電力による400億円の社債発行(東北大震災以降初)で引受主幹事を獲得し、みずほ証券社長賞獲得
2018年
㈱日本M&Aセンターに入社
金融法人部にて、入社8か月で3社成約という史上最短成約記録樹立
米国・韓国PJメンバーとして、取締役陣とNY、釜山にIR訪問
2019年
独立系M&A仲介会社/㈱fundbookに入社
2年連続個人売上全社3位(2019年度約1.4億円、2020年度約1.7億円)
カバレッジ部部長として約20名のメンバーを牽引(2020年度売上約7億円)
LPガス業、警備業、ビルメン業、足場工事業、管工事、電気設備工事、建設業、コンサル業、IT業、上場会社適時開示案件、ファンドExit案件等、30社以上のM&Aに関与

顧問税理士 
岸 裕也

1980年4月生まれ 京都市東山区出身
岸裕也税理士事務所
大阪府大阪市北区堂島2丁目2番2号 近鉄堂島ビル15階


「信頼できるキャディーのように、あなたに最善の戦略を」

M&Aアドバイザリー業務
M&Aデューデリジェンス対応
国内・国際税務コンサルティング
法人の決算税務申告及び税務顧問
事業承継対策(株価算定・相続税試算)
税務調査対応及び事前照会業

略歴

大学卒業後、2005年にKPMG税理士法人、2007年にEY税理士法人へ入所
前職のEY税理士法人では、主に日系上場企業(製薬、化学、食料品、自動車、電子部品等)及び外資系企業(卸売、小売、情報通信、医療用器具製造等)に対する税務コンプライアンス業務、税金監査業務、税務調査対応業務及び国内・国際税務に関する税務コンサルティング業務に従事
中小企業のM&A、組織再編、国内・国際税務、資金調達・財務健全化のサポートを行うため、岸裕也税理士事務所を開業
現在上場企業、中小企業を問わず、スポット業務、税務顧問業務及びセカンドオピニオン業務等と大学での講師を兼任している

顧問社労士 
長尾 道成

1978年6月生まれ
社会保険労務士事務所 東洋労務コンサルティング
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニビジネスコート10 階


「事業経営と働く人に寄り添い強い会社作りを支援」

労務顧問、人事労務コンサルティング
M&A労務デューデリジェンス対応
労働保険、社会保険手続き、給与計算
就業規則作成コンサルティング
人事制度、評価制度構築支援
ベンチャー企業・クリニックの開業支援
労働トラブル・労働紛争解決
助成金申請

略歴

大学卒業後、新卒にて大塚家具入社
26歳時最年少で営業社員1,100名中トップセールスとなる
以後在籍期間中年間3億円以上を売り上げるトップセールスを継続し、在職時「ガイアの夜明け」に出演、 他多数のメディアより取材を受ける
29歳の時に人材紹介業への転身を決意し、国内最古の人材紹介会社の事業を継承する国内系老舗エグゼクティブサーチファームに所属
これまで4,000名以上のビジネスパーソンとのキャリア面談を実施し、数多くの企業経営幹部のヘッドハンティングを手がけている
社労士業界では数少ない、人材採用マーケットを熟知した社会保険労務士として、採用及び定着率向上の支援、人事労務のコンサルティングを行い現在に至る